FC2ブログ

花と緑にさそわれて♪

宿根草・多年草・花木の里山ガーデンです。理想は手のかからない自立した庭。ベランダのお花も見てくださいね。    

今日バスで出会ったおばあさん

電車で外出した折、帰りは、途中駅(渋谷駅)から
バスを利用することが多いです。
今日も、帰りはバスにしました。
お昼間(2時頃)でしたので、12分間隔の運行です。

バス停には誰もいなくて、
「さては行ったばっかり・・・」。
でも、1番ですから、好きな席に座れますよ。

今日のバスは、ラッシュ対策仕様(?)なのか、
後部の座席がぐっと減っていました。
大勢が立てるようにかな。

1番好きな座席は、後ろドア(降車ドア)のそばの席。
ですが、ご老人が多いときは、
席を譲る必要が出てくる場所(と考えている)です。
ソレも面倒なので、
昼間は老人が多い

それで、少し後ろの一人席に座りました。
ところがこの席、タイヤの上あたりで、
足元(床)が高いのです。

右足に軽いリンパ浮腫(手術後遺症)がある私、
この席、やや足が窮屈で、右足がジ〜〜ンとしてきました。
やはり、ドアそばに座れば良かったと後悔。
その席には、若い女性が座っていました。

途中、バス停に停車し、乗客の方々も乗り終えると、
車内にまでも聞こえる声で、
「待って〜〜。待って〜〜」と。
何事?と待っていると、
杖をついたおばあさんが乗って来ました。

1分くらいだったでしょうか。
おばあさんの乗車を待ってる時間。
早く帰りたかった私ですが・・・。
ガマン、ガマン。

おばあさんも、あと12分、待ちたくなかったのね。
バスに乗り込むと、運転手さんは、
おばあさんが着席するまで
発車しません。
杖ですし、絶対危ないですから。

おばあさんは、・・
(おばあさんといっているけれど
私と10才も違わないのかなぁ)

後部座席の方に歩いて来ます。
つまり、前の方の席の方が、
席を譲らなかったということ。

後部に歩いてくる途中、
降車ドア付近に立っていた大きな男性の
背中の大きなバックパックが邪魔をして、
おばあさん、通れません。
でも、大きな声の出るおばあさんですから、
「ちょっと、いいかしら」と。
一喝

男性、もっと自分の後ろに注意払ってね。
そんなこんなで、私の近くまでいらして、
私のすぐ後ろの男性が席を空けようとしたのか、
「大丈夫。後ろが空いているから」と、
また大きなお声。

・・で、その最後部の席に落ち着かれました。
この間、2分くらいかかったように感じました。

おばあさん、バスを降りる時に、またしても大きな声で、
「ありがとうございました」と、
さわやかに降りて行きました。

う〜〜〜ん、
こんなおばあさんのように出来たらいいなあ。
でも、このようには出来ないな・・
・・・なんて、
考えて・・・。

里山 山側の庭 枕木小径
IMG_6915.jpg 
早く、里山へ行きたいです〜。

しかし、電車やバスで、
席を譲られる時が、いつか来ると思うと
・・・・怖い。

座りたいけれどね。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する