FC2ブログ

花と緑にさそわれて♪

宿根草・多年草・花木の里山ガーデンです。理想は手のかからない自立した庭。ベランダのお花も見てくださいね。    

がんの時考えた永遠の命*お茶のお稽古へ

涼しい朝です。
今日は、茶の湯のお稽古があるので、
助かります。

最高気温が28度を超えたら、
湿度にもよりますが・・
着物はやめようと思っている私ですから。 

2パターン用意しています。

IMG_6116_201804170859586d8.jpg 
スッキリ系です。
塩沢紬に博多献上帯(定番ですね)。

塩沢は、単衣によく使われる涼しい織物。
汗かきな私は、袷でも使っています。


もう1つ。
今日はこちらにしようと思います。
IMG_6119.jpg 
紅花紬にやはり博多帯。
博多八寸帯が、軽くて締めやすく大好きです。

帯揚げは、18才ころのもの。
地味目な配色なので、ちょっと華やかさをプラス。
冬に、この着物と帯に、
ピンク系の帯揚げと帯締で着ましたが、
今日はさわやか系のグリーン。
帯締もグリーンにしようかな。

お茶の教室には、同い年の女性が他の2名いますが、
私の着物が1番渋め。
ん〜〜〜ちょっと、若返りをはかろうか。

来月からは”風炉”のお点前になります。
今日は、”炉”最後のお稽古。
ちょっと上のお点前でしめようか。
となると、お茶杓のご銘は、禅語。
「山花」?


先週のお軸は、
「山花開似錦」 でした。
サンカヒライテニシキニニタリ

達筆過ぎて、最初読めなかったけれど、
景色が広がりました。

自宅に帰ってから、
「茶席で役にたつ 禅語 ハンドブック」を
読んでみました。

簡単に要約すると、
私たち肉体は、滅びるけれど、
法身(仏)は、堅固だと聞きます。
その法身とは、いったいどこにあるの?

「山々に咲く花は、咲き乱れ、
谷は、藍のような水を豊かにたたえている」。

散ってしまう花の方が、
人間よりもろいように思われますが、

花は散るままに、水は流れるままに
永遠不滅の堅固法身なのです。

これを見て、思いだしたことがあります。
がんで命の危機にあった時、
人間は自然の1部。
生があり死がある。



生も死もない
永遠の命。

 今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する