花と緑にさそわれて♪

宿根草・多年草・花木の里山ガーデンです。理想は手のかからない自立した庭。ベランダのお花も見てくださいね。    

父を見舞う*源平シモツケ

脊髄炎で入院している父を見舞ってきました。
顔色はよく、頭もはっきりしています。
ちょうど、主治医の先生がいらしたので、
コーヒーを飲んで良いか伺いました。
砂糖抜きならOKということでしたので、
早速、コーヒーを買ってきました。
父は、3口ほど飲みました。


庭の源平シモツケです。
写真は6月15〜17日撮影です。

IMG_0340.jpg 

ふわふわっとしたお花ですね。

IMG_0341_2017062221523837c.jpg 

綿飴みたいな。

IMG_0342.jpg 

とってもかわいいお花です。

IMG_0589.jpg 
 

父に、
車いすで散歩しようと誘ったのですが、
腰に傷みがあるせいか、
断られ・・・、それで、
足裏マッサージをしました。
「もういいよ」と言っていましたが、
眠るまで続けようと思いました。

土踏まずの所で、
「そこが気持いい」と。
結局父は眠らず、私は汗が流れてきたので
終わることにしました。



マツモトセンノウも咲いていました。

IMG_0396.jpg 

この日は、開花は1輪だけでしたが、
つぼみが数個ありました。

IMG_0398.jpg 

こんな清楚な花が、広がっていったら
どんなにか素敵でしょう。



お水の補給をして、洗濯物を持って
父の病室をあとにしました。
父は、ベッドの上で私を見送りながら、
「バイバイ・・」
と手を振ります。

私は、
中学生の娘になった気分でした。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

この庭では育たない草花

 今年もカワラナデシコが咲いています。
写真は、6月15~17日の撮影です。

海側の庭でも、

IMG_0328.jpg 

山側の庭でも。

IMG_0351.jpg 

白い色も。

IMG_0521.jpg 

放任ですが、これは3年目?
確か短命な多年草だったはずです。

IMG_0443.jpg 

好きな花ですが、また植えるかどうかは未定。

こちらは、コスモス。
IMG_0331_2017062121380986d.jpg 

数週間前に安い苗を見つけて植えたもの。

そしてこちらは、去年のこぼれ種。

IMG_0519.jpg 

何本か出てきていました。

IMG_0520.jpg 

今年は、矮性コスモスの種が売られていたら、
直播きしようかなと思います。
背が高いと倒れて見苦しくなるので。

こちらは・・・、

IMG_0603.jpg 

クレマチス”アラベラ”のつぼみ。
かろうじて見つけました。
クレマチスは、4〜5株去年植えましたが・・
今年は、ほぼ全滅・・・・。

数年前にも失敗しています。
育ちません。
理由がわかりません。
たぶん、もう植えないと思います。

とっても好きだけれど、
植えないと決めていたディルフィニウム。

IMG_0451_20170621214823974.jpg 

デゥフィニウムは、すでに失敗済み。しかも何株も。
里山は、夏のあいだ、朝夕は涼しいのですが、
日中はかなりの暑さです。
もう植えないと決めていました。
でもセット苗の中に入っていて。

・・・で、咲きました。
木陰で咲きました。

IMG_0450_20170621214821f39.jpg 

咲いたからといって、またわざわざ植えようとは思いません。
この花は涼しい地方で輝く花と思うから。

庭に合った草花で、
手のかからない庭作りが理想です。



りゅう君専用”マイドッグラン”を作りました。

IMG_0659.jpg 

ものすごい勢いでかけてきます。

IMG_0654.jpg 
休憩。

君は、
この家で元気に育っておくれ。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


木々を渡る風*フェイジョア

フェイジョアの花が咲いていました。

IMG_0384.jpg 

独特な形。
1つだけかと思いましたが、
ここにも。

IMG_0386.jpg 

あっ!たくさん。

IMG_0387_20170620222120f9a.jpg 

 高い所で咲いています。

IMG_0476.jpg 

フェイジョアとアロニアの木に風が渡ります。
アロニアの実は色付く前。

IMG_0392_201706202224076d0.jpg 

IMG_0477.jpg 

山側の庭に、朝風が、そよぎます。

IMG_0348_20170620223052da5.jpg




今日は、茶の湯のお稽古に行って来ました。
着物は、単衣の小紋に博多帯。

IMG_0673_20170620224055163.jpg 

帯揚げ、帯締めも夏物です。
ちょっと帯のシワが目立つ。

お茶杓のご銘は、
禅語「行雲流水」から
「雲水」にしました。
今日は禅語を使うお点前でした。

行く雲、流れる水のように、
どこまでも
自由自在。
なんの執着もないからできることですね。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


エキナセア準備中*完治は不思議?

がん定期検診がありました。
今回は、6ヶ月ぶりの検診です。
最後(2回目)の転移から5年も過ぎていますから、
まだ検診必要ですか?って感じですが、
診察室で、主治医から
「何か変ったことは?」
と聞かれ、
のんきな顔で、
「特に何もありませ〜ん」
と答えると、
「不思議ね〜」
と顔をかしげる主治医。
元気でいるのが、本当に不思議らしいです。
はい。はい。
気を引きしめ、今後も
免疫力向上に日々努めますよ。



庭のエキナセア
もうすぐ咲きそうです。
写真は、6月15~17日撮影です。
IMG_0357.jpg 

これは、バージンかグリンジュエル。

IMG_0423.jpg 

つぼみが多過ぎるような・・・・

IMG_0514.jpg 


あっもう咲いてる。

IMG_0358_20170619224956f11.jpg 

花びら、食べられた?

暖かいところの原産らしいですが、
冬越しも100%OKでした。
今年の夏も楽しませてくれそうです。


春から咲いているエリゲロン。
山側の庭で、

IMG_0529_20170619225803933.jpg 

海側の庭で、

IMG_0421.jpg 

まだ開花中です。

早めに切り戻しをと、思ったのですが、
高温多湿にも強うそうなので(勝手な判断)、
まだこのままにしてきました。

そして、ブラキカム、
姫小菊という名前もあるけれど、
エリゲロンとかブラキカムとか
怪獣みたいじゃないですか。

IMG_0428.jpg 

こんなに可憐なのに、

IMG_0430_201706192303244dd.jpg 

怪獣みたいな名前。

ドラゴン りゅう君。
早朝5時半に、ドラゴンに起こされますので、
なので早く寝ます。

IMG_0617.jpg 

寝不足は、免疫力を下げる。

君、髪ボサボサだよ。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


今年もアナベルの季節

今朝、5時半に目覚めると、
りゅう君のく〜ん、く〜んという鳴き声。
早朝から起きて、りゅう君と散歩。
まだ下におろせないので、
スリングで抱っこしてですが

こんなに早く散歩するのは・・
記憶にないほど。
これから健康的な生活が始まりそうです。



今年もアナベルが咲く季節になりました。
我が家のアナベルは、すべて植えて3年目です。
・・だったと思う。

アジサイより簡単。初心者向き・・
ということで植えました。
期待に反せず、今年も一回り大きくなって
花数も増えています。

IMG_0402.jpg  

背を高くすると、花が小さくまとまる・・・
とか聞きまして、去年花後に、ちょっとだけ切りました。

IMG_0393.jpg 

大きな丸でなく、中丸くらいだと思います。

IMG_0400.jpg 

純白の花びら(ガク?)がきれいです。

IMG_0401.jpg 

この季節さわやかでいいですね。
そして雨が似合う。

IMG_0403.jpg 

去年、冬にけっこう乱暴に引き抜いて、
場所を移動した株もありますが、
まったく問題なく開花です。強いです。

こちらは、まだ緑色。

IMG_0404.jpg 


この辺り、3本植えていますが、
想定以上に大きくなり、
移動も考えています。

 
IMG_0399.jpg 

これから、ピラミッドアジサイも開花して、
さわやかな白のお花のエリアになります。

IMG_0405.jpg 


こちら、花期が長〜いので、
滞在のたびに楽しめそう。
以上、海側の庭のアナベルでした。

山側の庭では、

IMG_0455.jpg 

アンジェラと共演。

IMG_0458.jpg 

このアナベル、去年はお花が
3つくらいだったかと思うけれど・・・。
驚くほど大きくなりました。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村