花と緑にさそわれて♪

宿根草・多年草・花木の里山ガーデンです。理想は手のかからない自立した庭。ベランダのお花も見てくださいね。    

木陰の植物*驚異のシクラメン

 本日、予報では東京地方の最高気温は、
36度とか37度とか・・

うっそー

今日は娘親子が、帰って来ます。
娘は車の運転をしませんので、
夫が迎えに行きます。

幼子3人と荷物もって町を歩けませんからね。


里山の庭の木陰です。

IMG_3895.jpg 

ルブスクラシックとツタが、
毎年大きくなっています。

レンガが棲み分けの線を作って、はみ出るとつるを戻しています。
今、ツタが侵食ぎりぎりの所に・・


木陰エリアから日向エリアをのぞみます。

IMG_3863.jpg 


逆方向から、

IMG_3864.jpg 

土の部分を緑で埋めようと思うのですが、なかなか・・


アジュガも植えてみました。

IMG_3894.jpg 


近くにヒューケラも植えています。


IMG_3896.jpg 

このヒューケラ、植え場所を2転3転して、やっとこの場所。
日当りがよすぎると、葉色が悪くなりますね。


暑い日は、日陰日陰を歩きたくなりますが、

出来れば外に出たくない

こんな猛暑にもかかわらず・・

IMG_3825.jpg 

ガーデンシクラメン???

うっそー!

去年は、1〜2輪でしたが、

よく見てください。
つぼみがいっぱい!!

うっそー!!!


IMG_3936.jpg
 

ふ、冬の花でしょ???

大きな木の木陰といえども直瀉日光も当たります。

なんともたくましいものです。

小さな幼子たちも、
暑い夏を乗り切ってね。





今日もありがとうございます
どちらか1つに、よろしければ両方に
応援のクリックをよろしくお願いします



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


皆様へ

いつも庭で1人、草抜きをしている私です。

ブログを訪問してくださる方々は、
興味深げに庭をのぞいてくださる方々。

クリックは、
「がんばってるね」の声援。

そんな風に感じています

心からありがとう

「がんばってるよ〜」


 




スポンサーサイト

木陰に植える植物

 里山の庭は家が建つ前は、ヒノキの原生林でした。
ひと山別荘地として開発された場所
今でも(特にうちの近辺)、ヒノキがたくさん立っています。

ヒノキの林は猛暑の夏に、心地よい涼風が吹く
木陰を作ってくれます。
しかし、植物は選んで植えなければなりません。


ヒノキに囲まれたこの場所。
ヒマラヤユキノシタの大きな葉が、
緑を提供してくれます。
3月には毎年ピンクの花を咲かせて、いち早く春を告げます。

IMG_2998.jpg 
(写真はすべて'15 6/19撮影です)
季節によって異なりますが、ここは1時間くらいの日差しがあります。


もっと木陰になるこちらの場所。
ヒノキと落葉樹の栗の木のダブルで木陰を作ります。

IMG_3001.jpg 

ヤブラン(常緑)やホスタ(落葉)、ツワブキ(常緑)、
黄エビネの場所になっています。
これらの植物は、植える手間だけ。肥料もいりません。
時々滞在する庭ですから、手がかからないのが一番です。

道の向こう側は多少日当りがありますので、
写真で見えにくいのですが、草ツゲを点々と植えています。

また向こう側の空き地にお花を植えたいところですが、
残念ながらお隣の敷地。

オダマキの種ぱ〜っとまきたいけれど、
定期的に草刈りされているので・・刈られちゃいますよね
・・って、なに考えてんの


IMG_3004.jpg 

この道はコンクリートですが、
コケがいい具合に風情をだしていますよ。
里山〜〜〜って感じ。



ヒノキ、栗の木、椿のトリプルパンチで木陰になるのがこの場所。
ホスタと大実ヤブコウジが育っています。

IMG_3005.jpg 

地面が見えるお庭は、別のお隣さんのお庭ですから、
かってにアジサイ植えてはいけません。
ずっとお留守でもね。



ホスタにつぼみがついていました。
こんなに暗くてもお花が咲きますよ。

IMG_3006.jpg 

他のホスタも見てみましたら、
ほとんどにつぼみがついていました。
開花がとても楽しみです。
意外なほどエレガントな花です。


もう一カ所、日陰があります。

IMG_3049.jpg 
 
自生の草ソテツです。冬は地上部がなくなりますが、
緑がきれいなので抜かずにおいています。



木陰が恋しい季節も梅雨があけたらすぐ。
猛暑の夏は、庭仕事も危険です。
熱中症、他人事ではありませんから。

雨ばかりで恨めしく思いますが、
カッパを着てでも、ガーデニングは今のうちに。

近いうちまた里山の庭へ行きましょう。



お越し下さりありがとうございます

どちらか1つに、よろしければ両方に、
応援のクリックをよろしくお願いします

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ


人気ブログランキングへ

ありがとうございました。

増殖系グランドカバーあれこれ

 下草とかグランドカバーという言い方がありますが、
地面を覆う丈の低いものをグランドカバーとするなら、
我が家の里山の庭でも、色々な種類を植えています。

その中でも、その中でも増え方の早いものがあります。

先日「庭に残す草」として取り上げた、
ヒメイワダレソウとドクダミソウ。

IMG_2650.jpg 

1年でかなり伸びて行きます。
一緒に写っているのはフッキソウ。
こちらも増殖系です。


IMG_2586_2015060809065272b.jpg 

どこでもどんどん陣地を伸ばして行くドクダミソウ。

庭で占める面積が非常に多い2種です。


今あまり目立っていませんが、セダム類もよく増える植物です。
春になってから、ぐっとふくらんできました。


IMG_2651.jpg
 

セダムは多肉植物の仲間とは思いませんでした。

IMG_2657.jpg 

庭に植えてどんどん雨にも当たっています。


IMG_2652.jpg 

特別な世話はしていません。

IMG_2655.jpg 


ただ、踏みつけてしまうと、すぐにちぎれてしまいます。
でもすぐにそばに置いておくとまた復活してきます。


それで消えては現れ、消えては現れてきたのが
こちらです。

 IMG_2642.jpg 

冬に消えるものもありますが、根が残っているらしく、
春にまた出てきます。


外来種(ですよね)のこれらに庭を乗っ取られそうで
心配になるくらいの増殖力です。



これらの他にも、
比較的増殖力のあるものに、


ツルニチニチソウ

IMG_2663.jpg 


IMG_2664.jpg 


フッキソウ

IMG_1807_20150608093254fb3.jpg 


ルブスクラシック

IMG_2654.jpg
 

などがあります。


ドクダミやヒメイワダレソウは、
広がり過ぎて刈り込む手間がかかりますが、

これらはほとんど手が掛からず、
自立したいい子たちなんです。

この子たちがいないと里山の庭はどうにもなりません。

IMG_2630.jpg 

ゴミの袋が写っている・・・
  


お越し下さりありがとうございます
応援のクリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

庭*足元の地味〜な緑

ゴージャスなバラに目が行っている時も、
足下で地味〜な宿根草・多年草が働いています。



あちらこちらでホスタ 

IMG_2386.jpg 
(写真はすべて'15 5/19~5/21に撮影)


ホスタに似ていますが、ヒマラヤユキノシタの葉
花が終わっても葉がきれいです。

IMG_2384.jpg 


自生のヤブコウジ
庭で増殖中。
園芸店で見たら1ポットでも結構なお値段。
ありがたさ倍増です。

IMG_2344.jpg 



自生の玉竜
売っているものはギュウギュウ生えていますが、
自生はスケスケ涼しそうです。
もっと増えてほしい緑。

IMG_2352.jpg 


クローバー
こちらは期待する程増えないのですが、
やはりこの種類はいい感じ。

IMG_2294.jpg
 



コケ!!自生の苔
なに苔でしょうか。
あちらこちらで発見しますが、
増えてほしい所でなかなか増えません。

IMG_2288.jpg
 

涼しげな日本の庭のぴったり。


いつも変わらぬ緑を1年中、あるいは毎シーズン見せてくれます。
しかもとてもたくましい。

安定した強さと安心感。

普段忘れがちだけれど、
もっと大切にしようと思いました。


お弁当のおかずいつも変わらず
抜群の安定感


お越し下さりありがとうございます
応援のクリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

日陰の庭の宿根草

 里山の庭は、日陰が結構多い庭です。
大きな木や周りの建物に日光を遮られるからです。
そのため、日陰に耐える植物はとても重要。

背丈の低い玉竜やフッキソウを多く植えていますが、
もう少し背丈のあるものを植えたい時に利用しているのが、
ヤブランとホスタ(ギボウシ)です。

DSCN0507.jpg 

庭の通路の脇に植えたヤブランとホスタ。


花をつけたヤブランと、ヒマラヤユキノシタと一緒に植えたヤブラン。
DSCN0547.jpg DSCN0505.jpg 

ヤブランは常緑性ですから、
1年を通して緑です。夏には薄紫色の花が咲きます。

この写真は8月のものです。
現在(冬場)は、これほど元気な感じではありません。




ホスタ(ギボウシ)。
DSCN0529.jpg DSCN0533.jpg 

ホスタは、落葉性ですから、冬場は葉がありません。
現在、庭のホスタも、まだ葉を出していません。



先日、里山の庭からの帰り道、園芸店に寄りました。
そのお店では、休眠中の根を袋詰めで売っています。
ホスタも売っていました。バーゲンセール中です。

DSC04383_convert_20150304190401.jpg 
ホスタ2種とフロックス2種。

裏を見ると、おがくずのような土に包まれた根から
芽が出ているではありませんか。
通常は芽は出ていません。

売れ残りで、もう我慢できなかったのですね。
DSC04390_convert_20150304190459.jpg 

なんだか息苦しそうに思えて、かわいそうに思えて、
私、変ですか?
芽が出ているこの4袋、
買わせていただきました。

自宅に帰ってからすぐに鉢に植えました。
次回里山の庭へ行く時に、持って行き庭に植えます。

DSC03680_convert_20150304190126.jpg 

葉が大きいホスタは、
庭に豊かな緑を演出してくれます。
重宝ではありませんか。


お越し下さりありがとうございます
応援のクリックお願いできますか
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村