花と緑にさそわれて♪

宿根草・多年草・花木の里山ガーデンです。理想は手のかからない自立した庭。ベランダのお花も見てくださいね。    

おめでたい私の話

昨日「完治」をいただいた私。
主治医は、「完治」という言葉は
使っていなかったけれどね。 
おめでたい私。


今日から、新たな人生が始まった、
と考える私。

10年前に、癌の手術を受けた時、
「健康美」って、いいなあ・・とつくづく思いました。

健康であるだけで、十分で美しく、
健康であることが、最も美しく、
そんな美しさに気づいたのでした。

それ以降、
健康を求めて、やれることをやって来た私。
今後はもっと積極的に「美」を追求したいと思います。

いいぞ。いいぞ。

いつまでも
若く健康でいたいですからね。
方向性が決まった。

美と健康に良い食事。
美と健康に良い運動。
それから・・それから・・・
楽しくなって来ました。

IMG_6102.jpg 


そんな第一歩を踏み出した今日、
ダイゴロウの小学校では、クリスマス会がありました。

ダイゴロウが、ペイジェント(降誕劇)に出演するというので、
娘と一緒に小学校へ。
祖父母たちも、ちらほらと来ていましたよ。

ホールの入り口で、
「目次」と「冊子」をいただきます。
・・ですが、
「目次」を、いただけなくて・・・
「おくれ〜〜」とも言いづらく・・

その後、わかったことは、
父兄たちは、
すでに「目次」を持っているということ。
つまり、
私は父兄扱いだったってこと。
聞いてる?
つまり、
私は母親と思われたってこと。
聞いてる?
6年生の母親?・・ありえるよ〜〜

は〜はっはっはっ・・・・
おめでたい私の話でした。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

闘病10年*癌完治の日

プーチン大統領の来日で、
都内は厳重警備。
おそらくそのためでしょうか、
高速道路は大渋滞でした。

予約の時間に遅れたら・・・
縁起悪い・・なんて、
わけのわからないこと考えながら、
ギリギリ病院に到着しました。
その後は、あまり覚えていません。

先日受けたCT検査の結果が、いよいよ分かります。
最後の治療から5年が経過しています。

待合室に腰掛けたところまで、
よく覚えているのですが、
その後は、頭がぼ〜というか・・

結果は、異常なしです。
先日はレントゲン検査だけで、
涙があふれそうだったのに。
今日は、不思議なくらい、淡々と・・

去年のCT検査結果の日のような、
「検査結果の日」

こみ上げるものもなく・・。

最高裁判所の脇で、信号待ちをしている時に、
先週黄色だったイチョウの葉が、
ほとんど落ちていて、
「私の命は散らせない」

あれから、10日経ったのかと実感し、
肺の手術(2回目転移)から、5年2ヶ月、
癌が初めてわかってから、10年3ヶ月と、
考えていました。

今日は至って冷静で、
完治と言っても、再発転移の可能性の確率が
低くなっただけですから。

今まで通り、
免疫力を高める努力を続けるのみです。

出来ることをやって、
後は天寿を受け止める覚悟の
10年でした。

ただ、ココちゃん(本名ブライト君)に
お願いしましたよ。

IMG_6106.jpg 
3才頃のブライト 私の膝の上。

どうか、助けてねと。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私の命は散らせない*ゼラニウム

さてさて・・
今日は、癌定期検診ということで、
朝からそわそわ・・・・。

”バレエ&ストレッチ”教室も、
前半のストレッチだけなら
出席できるのですが、
急いで仕度して、
病院へ駆けつけるのも嫌なので、
欠席。
ホントは気持ちの余裕がない?

朝はベランダでゆっくりです。
でも、検査を考えるとドキドキ・・・


このところほったらかしのゼラニウム。

IMG_5664.jpg 

枯れた葉がたくさんついています。
それらや花がらを取り除き、

IMG_5666.jpg  

すっきりしました・・すっきりし過ぎ?
もう引退してもいいくらいの
年代物のゼラニウムです。
乾燥に強く(水やりがラク)いつもほったらかし。


ドキドキで自宅を出ましたが、
間もなくそれ以上のドキドキに・・・・
時間に余裕がなかったので、
首都高速に乗りました。
恐怖のジェットコースターなみの
クネクネと車線変更。

検査のドキドキを上回るほどのドキドキ。
毒をもって毒を制す
???

最初のドキドキが薄れる!!!

ちょっと待って・・。
今日って、検査結果聞けるのかな?
いつも2週間後に結果を聞きに行きます。
でも今回は、
CTの後に主治医の予約が入っているから・・

主治医のいる診察室のドアが開いた瞬間、
「今日は結果はないな」とわかりました。
CT検査が終わってから、数分しか経っていませんから。

女医先生曰く、
「肺の手術(2回目転移)から5年ね。
すごいわね〜〜ぇ〜」。女医さんです
そりゃそうでしょ。
先生、治らないと言っていたし。
それでも、私は思っていました。
治る!

細胞診と腫瘍マーカーの検査を受けて、
病院を後にしました。

帰りは下の道路(一般道)を通って帰ります。
何度も、何度も、なんども通った道路です。
この10年の闘病道路?です。

法務省旧本館

IMG_5673_20161205222552633.jpg 

紅葉も散り掛けですね。

皇居のお堀端。

IMG_5680.jpg 

これは、イチョウ?

最高裁判所

IMG_5682.jpg 

イチョウですね。かわいい・・

最高裁の判定は・・11日後。
無罪放免でお願いします。
涙が出そう

無事に帰宅する。
ベランダの向こうの桜も紅葉しています。

IMG_5654.jpg 

私の命は散らせない。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


いよいよ判決の日*ベランダの寄植え

このところ、
孫の世話のため娘の所へ行ったり、
老親に顔を見せに行ったり、
趣味の茶の湯や、バレエ!・・
いろいろと忙しかったため、
忘れていました。

いよいよ明日は、判決の日。
癌定期検診のCT検査の日です。
 今回の検査で異常がなければ、
めでたく、
癌完治宣言のはこびとなります。

2回目転移で、肺の手術をしてから、
5年2ヶ月。
前回のCT検査は、1年前でした。
腫瘍マーカーは、度々していますが、
マーカーに異常が出ない私は、
CT検査以外に再発転移がわかりません。

大丈夫であってほしい。
癌から生還できたら、もうそれだけで、
本当に感謝したい。

・・・・・って、
きっとすぐに
次の欲が出てくると思うけれど。

なぜなら、1回目転移の時に、
あと5〜6年生きられたら、もうそれで十分と
本当に思ったけれど・・

あれから、9年も10年経つけれど、
まだまだ全然十分ではありません。
もっともっと長生きしたいと思います。

そりゃそうでしょ。
83才の母だって、

「(生でも死でも)どちでもいい」
ではないようです。

でも、1回目転移の頃は、
どちらでもいいかと
胆が座っていたな。
私。

ベランダのガーデンシクラメン
IMG_5650.jpg 
来年の5月まで咲き続けます。


たぶん大丈夫だろう・・と思うのですが、
心配で、ドキドキ・・・・・
息苦しくなって来た・・・

あの日の幸せをもう一度。
この日のブログが大好きなんです。
「検査結果の日」
あの日の気持ちがよみがえる。

この日の幸せをもう1度。
命のある幸せをもう1度。

今日もありがとうございます。
応援のポチをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村”シニア日記 60代”の皆様
”花・園芸 ナチュラルガーデン”
から引っ越してきました。
よろしくお願いいたします。

ブログで癌の恐怖がなくなった

昨日までの疲れのためか、今日はウトウト居眠ばかり。
ちょっとベランダに出て、クリスマスローズの花柄を摘みました。

多くの方のブログで見た写真を真似てやってみました。

IMG_9577.jpg 

この1〜2年、ガーデニングのブログ拝見し、色々な事を学びました。
おかげで里山の庭も、庭らしく変化しています。


ブログ・ホームページを定期的に見るようになったのは、2006年からです。
2006年は、癌がわかった年です。

家庭の医学的な本や、インターネットで病気についての知識を得た他、
同病の方々の日記(ブログ等)から、いろいろな情報を得ました。

夫は、「そんな役にたたないもの・・」と言っていましたが、
私には、その体験談がとても貴重な情報でした。

自分が受ける手術についてインターネットから情報を集め、
手術に対する恐怖が増したところもありますが、
ブロガーさんたちの実体験は、とても興味深いものでした。

患者の会とか病棟の同窓会(これもブログから得た情報ですが)など
所属していなかった私にとって、ブロガーさんがともに病気と闘う友人でした。

そして、病気について概ねわかったとき、
何だかとても落ち着いた事を覚えています。

1番の恐怖は、「わからないこと」だったのです。
「わからない」は不安を増強します。
わからない事が、かなり少なくなった時、
恐怖は落ち着きに変わりました。

そして病気と戦う同病の人々を見て(読んで)、
凛と病気に向かえば、それでいいのだと納得したのです。

IMG_9580.jpg 

この時の体験から、私にとってブログは、
価値あるものなのです。

自分のブログはどうかなと思うと、
はなはだ自信がありません・・・

2007年、癌が再発転移してからは、
「ブログを見過ぎて、生と死の境がなくなった」と感じる経験をしました。
コレについてはまた後で。



今日もありがとうございます。
応援のポチ!よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村